住宅ローンで家を買えば税金が安くなるって本当?

変動金利なら当初は低い金利が適用

住宅を購入するとき、多くの人は手元に購入のためのお金がないでしょう。でも中にはお金を持っている人もいます。その時にキャッシュで払った方がいいのか、住宅ローンを利用した方がいいのかあります。住宅を購入するときに住宅ローンを利用すると、住宅ローン減税の仕組みが利用できます。所得に応じて計算される税金の中から、一定額が控除される仕組みになります。利息以上の税金の減額ができる可能性があるので、人によってはかなり得になるでしょう。金利の選び方としては、変動金利なら今の時点では固定金利よりも低くなります。将来的に金利がどう変化するかはわかりませんが、今の経済情勢が継続すると急に上がる可能性は少ないです。低い時に返済をすれば、その分利息負担も少なくて済みます。

固定金利は将来の返済予定が立てやすい

かつての雇用では、終身雇用や年功序列が当たり前とされていました。しかし今はどちらも保証されていません。将来的に給料が変動する可能性があり、失業も想定をして生活しなければいけません。住宅を購入するときにローンを利用すれば、ローン残高に一定率をかけた金額が所得税から控除できます。現金で購入するよりも支払額を減らせる可能性があるので、ローンを利用するようにしましょう。金利の種類としては、固定金利があり、将来的な返済計画が立てやすいとされています。利用時に完済までの利率、毎月の返済額などが分かります。当初は変動金利よりも高くなりますが、将来的には上がりません。インフレが来て金利が上がっても、低い金利のままで支払いを続けられます。

© Copyright Reduce Loans. All Rights Reserved.