どちらを選ぶ?変動金利と固定金利

変動金利を選ぶ人が多い

住宅を購入するときに利用するのが住宅ローンです。種類として変動金利と固定金利があり、どちらを選んだらよいか迷う人も多いです。正解は完済時になって初めてわかるので、とにかく今は選択をしなければいけません。何を取るかによってどちらが良いかが分かります。とにかく低い金利が利用したいなら変動金利を選びましょう。実際に多くの人が変動金利を選んでいます。利用する時点では固定金利との差は非常に大きいです。将来的に上がる可能性がありますが、そう言われながら市場金利はほとんど上がりません。このまま低いままではないかと考える人が多いのでしょう。また、低い間に多く返済しておけば、将来高くなったとしても負担は減ります。負担を減らしたいなら変動にしましょう。

変動と固定で選びきれないとき

住宅ローンには種類があり、どちらにもメリットとデメリットがあります。それを聞かされると余計に迷うかもしれません。金融機関によって異なりますが、どちらも選ぶ方法や中間的な商品を選ぶ方法があります。中間的な商品として、固定期間選択型があります。固定金利が適用される期間が予め決まっていて、通常の固定金利よりも低めになっています。どちらも選ぶ方法は、借入金額の一部を変動金利にし残りを固定金利にする方法です。3千万円借りるなら、半分ずつにしても良いですし、2千万円を変動にして1千万円を固定にするなどもあります。どちらかに決めないといわれると迷って決めづらくなりますが、その他の方法も含めるともっと決めやすくなるかもしれません。

© Copyright Reduce Loans. All Rights Reserved.